MENU

早く借りられるおすすめはカードローン

即日融資をしたい時、早く借りられる方法としておすすめは、やはりカードローンでしょう。

 

気を付けたいところは、カードローンでも即日融資不可能なものがあることです。また、申し込むタイミングなどによっては、どうしてもその日のうちに借りられない場合もあります。確実に即日融資できるカードローンを選ぶには、どんな点に注意するとよいのでしょうか。

 

まず、審査にかかる時間をチェックしましょう。審査が2~3日となっているカードローンは、もちろん即日融資は受けられません。迅速審査のカードローンであっても、正確な審査時間や日数が明記してなかったり、特に即日融資対応と書かれていなかったりする場合は、すぐに借りられるかどうかの確証は持てないのです。

 

カードローンは、審査が完了すればそれで借りられるというわけではありません。審査が終わるまでに書類提出、契約、カードで借りるならその受け取り、振込キャッシングなら受け取る口座を登録するなど、いくつかのステップが求められるのです。この流れや手続きも、カードローンによって少しずつ違いがあります。最速の方法はカードローンによって違っているため、確認してから申し込みましょう。

 

消費者金融や銀行など、カードローンを取り扱う金融機関は複数です。しかし金融機関ごとの違いはもちろんありますが、さらにカードローンごとに異なる特性を持っています。より早く借りたいなら、金融機関にこだわるよりもそれぞれのカードローンをチェックしましょう。

 

即日融資なら消費者金融

ずっと以前から消費者金融は、早く借りられるところというイメージが強くありますね。急なピンチに駆け込んでも、すぐに対応できる金融機関です。さらに今ならインターネットの普及によって、より早く手間なくキャッシングできる方法も定着しています。

 

消費者金融は、個人貸し付けが主な業務のため、審査体系も整っています。早く審査を済ませるシステムがあるので、より早く借りられるようになるわけですね。

 

また、審査だけではありません。各消費者金融では、すばやい貸し付けへの充実したサービスを行っています。代表的なものとして、振込キャッシングがありますね。自分の銀行口座に振り込みを受けて借りる方法です。審査が終わった後、契約内容を書面で取り交わす前に承認することで、即貸し付けに対応している消費者金融もあります。わざわざ店舗に行かなくても、借りられるようになっているわけです。

 

カードを使った借入でも大手消費者金融なら、全国に自動契約機をたくさん設置しているため、すぐにカード受け取り可能になりますね。ネットでまず申し込みを済ませておいて、カード受け取りだけ契約機に行く方法を、より早くキャッシングできる手段としている消費者金融もあります。

 

どの消費者金融でも、「すぐに借りたい。」という申し込み者の希望に対応できる方法が準備されているはずです。

 

即日融資することが、借入での優先事項ならまず消費者金融のカードローンやキャッシングを選ぶことをおすすめします。

 

早く借りられる銀行カードローンの見分け方

銀行カードローンも、即日融資可能なものが増えていますね。ただしカードローンによって、申し込みをした日のうちに借りられるものと、そうではないものに分かれます。早く借りられるようになる銀行カードローンは、どのように見分けるとよいのでしょうか。

 

まず、銀行カードローン自体に「即日融資も可能」と書かれているケースです。この場合は、すばやい審査に対応していることも多く、即借りられるようになる方法が準備してあります。また銀行カードローンらしい特徴といえますが、手持ちのキャッシュカードがそのままローンカードとなって、すぐに借入できるようになるものもあります。口座を持っている銀行のカードローンを、確かめてみてもよいでしょう。

 

口座開設なしで借りることができる銀行カードローンも、すばやく利用できるようになります。審査時間は短くても、口座開設に時間がかかってなかなか借りられるようにならないカードローンも見つかります。カードローン利用と口座の関係を確認することも、銀行カードローンでの早い借入を実現するために重要です。

 

銀行カードローンは、保証会社の保証を受けないと利用できるようになりません。保証人なしで利用できるのですが、代わりに保証会社の審査も必ず行われるのです。保証会社は、クレジット会社や消費者金融などが主に務めています。なかでも消費者金融が保証会社になっていると、審査ノウハウを活用して審査時間が短いケースが多いです。ただしこの場合も、口座が必要かどうかで即日審査はできても即日融資はできないこともあります。きちんと確認するようにしましょう。

 

銀行カードローンでも、審査だけでなく借りられるようになるまでのステップが重要なチェックポイントとなるでしょう。早く借りられるカードローンを見分けることが大切ですね。

 

消費者金融と銀行のカードローンに違いはある?

 

即日融資できる方法である銀行と消費者金融のカードローンには、金融機関として大きな違いがあります。利用方法なども似ていますが、決定的な違いは貸金業法の対象か対象外かという点です。

 

貸金業法の対象となるのは、消費者金融のカードローンです。貸金業法によって、上限金利なども厳密に決められており安心感が高くなっています。

 

それと同時に借り過ぎを防ぐ総量規制も受けるため、借りられる額は年収の3分の1までです。総量規制額は、貸金業者一社からの借入ではなく、総合計する点に注意しておきましょう。

 

さらに、本人収入がある方しか消費者金融には申し込めない点にも違いがあります。銀行カードローンなら、配偶者の方に安定収入があれば専業主婦の方も申し込めるものが見つかるでしょう。消費者金融は大手なら、専業主婦は申し込みできるものはありません。

 

申し込みできる年齢条件などは、カードローンごとに違いがあるため、銀行と消費者金融での区別はできないものです。申し込みできるようになる年齢が満20歳のカードローンがほとんどという点は、銀行も消費者金融も共通しています。しかし、上限年齢に関しては満70歳未満、74歳未満など様々です。

 

銀行、消費者金融どちらにも申し込める方は、確実に即日融資ができる方法を比較して選びましょう。銀行カードローンにしか申し込めない方は、その中で選ぶことになりますね。もちろん銀行でも審査時間が短く、即日融資できるカードローンも見つかります。いずれの場合も審査の時間だけでなく、借入までのステップまで確認しておきましょう。